京都岡崎コンシェルジュ Facebook

印刷する

2017/11/17(金)~2017/12/18(月)

歌舞伎のモノコト展

 長年に亘り南座で開催されてきた京の年中行事「當る戌歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」が、南座の改修工事に伴い、今年12月にロームシアター京都メインホールにて開催されます。この度、京都伝統産業ふれあい館では、平成29年11月17日(金)~12月18日(月)にかけて、特別展「歌舞伎のモノコト展」を開催します。
 
 展示では、南座の顔ともなっている大提灯や吉例顔見世興行に欠かせないまねき看板、歌舞伎の衣裳や小道具、そして今回、襲名を披露する八代目芝翫にまつわる品々などが間近でご覧になれます。また、歌舞伎の舞台で使われる道具類の操作を体験できるコーナーもあります。さらには、提灯づくりやうちわづくり、まねき看板と同じ勘亭流の文字を書くワークショップなど、吉例顔見世興行をより楽しんでいただける催しとなっています。
 入場は無料。館内のミュージアムショップ「京紫苑(きょうしおん)」では、期間限定で歌舞伎グッズも販売されます。公演期間中はもちろんのこと、晩秋の京都観光の折にも、ぜひ足をお運びください。
 
 
分野伝統行事、伝統文化、フェア・展示・総合イベント
条件当日参加、屋内、無料
期間11/17(金)~12/18(月)
時間9:00~17:00
(入場は16:30まで)
開催場所京都伝統産業ふれあい館/常設展示場内
料金入場無料
その他主催:(公財)京都伝統産業交流センター、松竹株式会社、京都市
お問い
合わせ
京都伝統産業ふれあい館
TEL:075-762-2670
ホームページhttps://kmtc.jp/event/2017/10/31/2233/

Googlemapで見る

  1. 京都 岡崎コンシェルジュ
  2. 歌舞伎のモノコト展

ページの先頭へ戻る