京都岡崎コンシェルジュ Facebook

印刷する

2018/06/15(金)~2018/06/17(日)

HANGMEN(ハングマン)

アカデミー賞主要2部門受賞「スリー・ビルボード」監督・脚本のマーティン・マクドナー×長塚圭史 待望の第4弾!ローレンス・オリヴィエ賞 2016 BEST PLAY受賞の超話題作、日本初上演!小川絵梨子(翻訳)×長塚圭史(演出)初タッグ!
『ウィー・トーマス』(2003 年・2006 年)、『ピローマン』(2004 年)、『ビューティー・クイーン・オブ・ リナーン』(2007 年)に続き、長塚圭史が挑む、マクドナーの最新戯曲『HANGMEN』。2015 年 9 月ロンドンのロイヤルコートシアターで幕を開けるとたちまち評判となり、早くも同年 12 月からウエストエンドで上演開始、2016年ローレンス・オリヴィエ賞「BEST PLAY」に輝いた話題作です。作者のマーティン・マクドナーは、監督・脚本の映画「スリー・ビルボード」が本年度ゴールデングローブ賞最多4部門受賞、アカデミー賞6部門7ノミネート、2部門受賞。本作『HANGMEN』は、マクドナーのロンドンでの待望の演劇復帰作であり、「1965年の絞首刑の廃止の余波」をマクドナー特有のブラックユーモアを持って描いています。演出の長塚圭史は、マクドナー作品では、読売演劇大賞優秀演出賞、朝日舞台芸術賞などを受賞、またその斬新で挑戦的な演出は日本演劇界を騒然とさせました。そこにいる人間の渇望、悪意、不器用な愛情。不吉な訪問者。そして真っ黒なユーモア。 マクドナーをこよなく愛す長塚が、本作品でもその独特な世界観で観客を魅了します。
 
マーティン・マクドナー
 
翻訳
小川絵梨子
 
演出
長塚圭史
 
出演
田中哲司、秋山菜津子、大東駿介、宮崎吐夢、大森博史、長塚圭史、市川しんぺー
谷川昭一朗、村上航、富田望生、三上市朗、羽場裕一
 
あらすじ
1963年。イングランドの刑務所。絞首刑執行人=ハリーは、婦女殺人犯ヘネシーの刑を執行しようとしていた。しかし、ヘネシーは冤罪を訴えベッドにしがみつき叫ぶ。「せめてピアポイントを呼べ!」。ピアポイントに次いで「二番目に有名」なハングマンであることを刺激され、乱暴に刑を執行するのだった。2年後。1965年。イングランド北西部の町・オールダムにある小さなパブ。死刑制度が廃止になった日、ハングマン・ハリーの店では常連客がいつものようにビールを飲んでいた。最後のハングマンであるハリーが何か語ることに期待しながら。そこに、見慣れない若い男・ムーニーが入ってくる。不穏な空気を纏い、不思議な存在感を放ちながら。謎の男の訪問をきっかけに事態はスリリングに加速する。
 
上演言語
日本語
 
 
夜の岡崎
岡崎手帖掲載中(春号) 岡崎手帖掲載中(秋号) 岡崎手帖でおトク イチオシ 夜の岡崎 事前予約制
分野音楽、舞台、フェア・展示・総合イベント
条件当日参加、屋内、有料
期間06/15(金)~06/17(日)
時間15日(金)19:00
16日(土)13:00/18:00
17日(日)13:00
※16日13:00の回は、託児サービスがございます。
詳細は「託児サービスのご案内」をご覧ください。
開催場所サウスホール
料金全席指定
一般7,500円
ユース(25歳以下)5,500円
その他主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
お問い
合わせ
ロームシアター京都チケットカウンター
TEL:075-746-3201
(10:00~19:00、年中無休)
ホームページhttps://rohmtheatrekyoto.jp/program/8184/

Googlemapで見る

  1. 京都 岡崎コンシェルジュ
  2. HANGMEN(ハングマン)

ページの先頭へ戻る