京都岡崎コンシェルジュ Facebook

印刷する

2019/02/10(日)~2019/02/11(月)

レパートリーの創造 木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』

ロームシアター京都 × 木ノ下歌舞伎「レパートリーの創造」第二弾
古来より脈々と語り継がれてきた名曲、物語を、“ 現代の異物 ” として観客へ引き放ち、
わたしたちの生/性/聖を更新する、新たな音楽劇への挑戦
末永く地域で上演されるレパートリー作品を劇場が生み出すべく、アーティストとタッグを組む「レパートリーの創造」プログラム。昨年 10 月に『心中天の網島―2017 リクリエーション版―』を上演し、大きな反響を呼んだ木ノ下歌舞伎とのプロジェクト第二弾は、穂の国とよはし芸術劇場 PLAT、KAAT 神奈川芸術劇場との三館共同製作で実施します。 説教節「しんとく丸」や「愛護の若」を元にし、人形浄瑠璃、歌舞伎、文学、演劇と時代により形を変えながらも古来より脈々と語り継がれてきた名曲、物語を、木ノ下歌舞伎 × 糸井幸之介のタッグが、壮大なスケールをもった音楽劇として現代に紡ぎ直します。 物語の主人公、玉手御前は、舞台・映画・ドラマ問わず一癖も二癖もある女性を演じ確かな存在感を示す内田慈(うちだちか)が務めます。オーディションにて決定した主演男性(俊徳丸役)は、2014年度「第27回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」審査員特別賞受賞の田川隼嗣(たがわ しゅんじ)がその座を射止めました。その他にも木ノ下歌舞伎、糸井作品常連メンバーを中心に実力派俳優が集結。強烈な個性と新鮮さを合わせ持つこの上ないメンバーで、レパートリーの創造に挑みます。
 
 
出演・スタッフ
作:菅専助、若竹笛躬
監修・補綴・上演台本:木ノ下裕一
上演台本・演出・音楽:糸井幸之介(FUKAIPRODUCE 羽衣)
音楽監修:manzo
振付:北尾亘
出演:内田慈 田川隼嗣 土居志央梨 大石将弘 伊東沙保 金子岳憲 西田夏奈子 武谷公雄
石田迪子 飛田大輔 山森大輔
 
舞台美術:島次郎、角浜有香
照明:吉本有輝子
音響:小早川保隆、星野大輔
衣裳:大野知英
ヘアメイク:須山智未
演出助手:岩澤哲野、山道弥栄
舞台監督:大鹿展明
制作:武田知也、宮崎麻子(以上ロームシアター京都)、本郷麻衣
 
 
あらすじ
大名・高安家の跡取りである俊徳丸は、才能と容姿に恵まれたがゆえに異母兄弟の次郎丸から疎まれ、継母の玉手御前からは許されぬ恋慕の情を寄せられていた。そんな折、彼は業病にかかり、家督相続の権利と愛しい許嫁・浅香姫を捨て、突然失踪してしまう。しばらくして、大坂・四天王寺に、変わり果てた俊徳の姿があった。彼は社会の底辺で生きる人々の助けを得ながら、身分と名を隠して浮浪者同然の暮らしをしていたのだ。そこに現れる、浅香、次郎丸、玉手と深い因縁を持つ合邦道心。さらに、誰にも明かせない秘密を抱えたまま消えた玉手が再び姿を見せた時、物語は予想もしない結末へと突き進む。
 
 
「レパートリーの創造」について
2016年1月にオープンした京都市の公立劇場「ロームシアター京都」が、2017年度から開始するプログラムで、公立劇場が主体的に作品製作に取り組み、劇場のレパートリー演目として時代を超えて末永く上演されることを念頭にプロデュースします。また、作品創造のプロセスを通じて、俳優、ドラマトゥルク、制作者等の専門家人材の育成や観客育成のための関連プログラムを企画し、レパートリーの創造から各地域における劇場文化をつくることを目指します。
 

 

分野音楽、舞台、フェア・展示・総合イベント
条件当日参加、屋内、有料
期間02/10(日)~02/11(月)
時間両日 15:00 開演
開催場所サウスホール
料金全席指定
一般3,500円
ユース(25歳以下)2,000円
高校生以下1,000円
※ユースチケット・高校生以下チケットをご購入の方は、公演当日、証明書のご提示が必要です。
その他主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
お問い
合わせ
ロームシアター京都チケットカウンター
TEL:075-746-3201
ホームページhttps://rohmtheatrekyoto.jp/event/47948/

Googlemapで見る

  1. 京都 岡崎コンシェルジュ
  2. レパートリーの創造 木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』

ページの先頭へ戻る