京都岡崎コンシェルジュ Facebook

印刷する

2017/04/17(月)~2017/05/07(日)

2017春の岡崎どこいこウォーク 京都通の若葉さんぽ

青もみじが映えるお庭と史跡などを訪ね、体中で萌える春をご一緒に楽しみましょう!

期間中、お好きな日付を指定してガイドします!ご予約は出発日の3日前でOK!(催行2名以上)

①~④までのコースをご用意しました。どのコースを歩いてみたいですか?

 

 

『たくさん見たい!十石舟に乗りたい!』というあなたは①・②コースがオススメです。

①歩いて若葉・青葉を楽しむコース

春爛漫~♪~ 新緑の「哲学の道」をそぞろ歩きしながら、点在する史跡を訪ね京の魅力を満喫しましよう。明治23年完成した琵琶湖疏水(運河)の史跡「ねじりまんぽ」、「インクライン」を見て、南禅寺の三門や水路閣を見学後、「哲学の道」へ。京都三熊野の一つ若王子神社、こまねずみが可愛い大豊神社、茅葺(かやぶき)の山門が印象的な法然院を訪ね、銀閣寺道まで歩きます。「歩いてこその京都」のシンボル的散歩道です。<拝観料、入場料なし>

地下鉄「蹴上」駅➡ねじりまんぽ➡南禅寺境内➡永観堂前➡若王子神社➡哲学の道(大豊神社、法然院)➡銀閣寺道

 

②明治の香り 七宝焼に触れるコース(十石舟の乗船付)
※このコースは火・水・金・土・日催行(月・木曜は開催なし)
琵琶湖疏水運河を屋形舟(十石舟)にのってのんびり舟遊びをお楽しみの後、10分ほど歩けば、もう並河靖之七宝記念館です。明治・大正期に活躍した日本を代表する七宝工芸作家並河靖之の自宅兼工房にて「花鳥風月の世界(春季の特別展)」を鑑賞。海外でも高い評価を受けた繊細で優美な七宝工芸作品にうっとり! また7代目小川治兵衛の手がけたお庭も大きな見どころの一つです。「東山駅」はすぐ近くです。<乗船料¥1,200  並河靖之七宝記念館¥800>
地下鉄「蹴上」駅➡十石舟乗船➡並河靖之七宝記念館(月・木休館)➡地下鉄「東山」駅
 
 
 
 
 

『ゆったり歩きたい!じっくり観たい!』というあなたは③・④コースがオススメです。

③じっくり永観堂を見るコース

京都五山の上に位置する最も格式の高い禅寺=南禅寺、歌舞伎の演目で知られた三門を通り、境内を抜けて永観堂へ。東山の古刹「永観堂禅林寺」は『見返り阿弥陀仏(重要文化財)』を本尊に、紅葉の寺で超有名ですが、新緑のこの季節もまた格別!3,000本もあるカエデの青葉若葉をたっぷり味わいます。多宝塔からの眺めも素晴らしく、日本にここだけの「阿弥陀仏」が貴方を優しく見返ります。<永観堂禅林寺¥600>
 
地下鉄「蹴上」駅➡南禅寺境内➡永観堂禅林寺
 
 
 

④たっぷり庭園を感じるコース

無鄰菴の庭園は琵琶湖祖疏水から引いた水が、三段の滝から流れ落ち、せせらぎとなって涼やかな音を響かせ、五感で楽しめるお庭です。山県有朋の注文で名造園家7代目小川治兵衛が作った近代和風庭園です。この季節はひときわ若葉が映えます。金地院は「黒衣の宰相」と言われた以心崇伝により再興された南禅寺の塔頭(たっちゅう)です。「鶴亀の庭」は江戸時代の有名な小堀遠州が作庭。徳川将軍家永遠の繁栄の願いを込めた常緑樹と巨石を据えた豪壮な枯山水庭園です。<無鄰菴¥410 金地院¥400>
 
地下鉄「蹴上」駅➡無鄰菴➡金地院
 
 

 

岡崎手帖掲載中(春号)
岡崎手帖掲載中(春号) 岡崎手帖掲載中(秋号) 岡崎手帖でおトク イチオシ 夜の岡崎 事前予約制
分野美術・工芸、伝統行事、伝統文化、動物・自然(水・緑)、まち歩き、ガイド、屋外イベント、チケット・グッズ販売
条件当日参加、屋外、屋内、有料
期間04/17(月)~05/07(日)
時間①・②コース 14:00出発
③・④コース 10:00出発
開催場所コースにより異なる
料金お一人様1,000円(入場料・拝観料は別途要)
その他所要時間:各コース2時間~2時間半
※全コースとも地下鉄東西線「蹴上」駅に集合し、出発
お問い
合わせ
京都再発見懇話会
メール:tabi-enjoy@discoverkyoto.net
ホームページhttp://www.discoverkyoto.net
  1. 京都 岡崎コンシェルジュ
  2. 2017春の岡崎どこいこウォーク 京都通の若葉さんぽ

ページの先頭へ戻る