京都岡崎コンシェルジュ Facebook

印刷する

2018/03/03(土)~2018/05/06(日)

付属品とたのしむ茶道具~千宗旦から松平不昧まで、江戸時代の茶人の書とともに

大切な茶道具が受け継がれるとき、そこに添えられる仕覆や箱書、極めや書簡。そんな附属品の数々をお道具と共に展示します。特に、お道具では、王朝復興に基づく雅な文化が花開いた寛永(1624-1644)期を中心とする作品とともに、寛永文化の牽引役である後水尾天皇を主人公とした「二条城行幸図屏風」も展示いたします。(後期展示)また、後水尾天皇の父、後陽成天皇ゆかりの唐物茶入、後水尾天皇の書跡、寛永文化の担い手となった小堀遠州の好んだ茶道具、松花堂昭乗の書画帖などからも、雅な世界をご堪能いただけるかと思います。さらに本展では、江戸時代の茶の湯を牽引した茶人の書跡も併せてご紹介します。新緑まばゆい東山の景色とともに雅な茶の世界をお楽しみください。

*期間中展示替えがあります。

<前期>3/3~3/25

<後期>3/27~5/6

岡崎手帖掲載中(春号)
岡崎手帖掲載中(春号) 岡崎手帖掲載中(秋号) 岡崎手帖でおトク イチオシ 夜の岡崎 事前予約制
分野美術・工芸、フェア・展示・総合イベント
条件当日参加、屋内、有料
期間03/03(土)~05/06(日)
時間10:00~17:00
(入館は16:30まで)
休館日月曜日(4/30は開館、5/1休館)、4/25(水)臨時休館
料金一般800円
高大生600円
中学生350円(小学生以下無料)
※20名以上の団体は2割引
※障がい者手帳ご呈示の方は無料
その他主催:公益財団法人泉屋博古館
お問い
合わせ
泉屋博古館
TEL:075-771-6411
ホームページhttps://www.sen-oku.or.jp/kyoto/program/index...

Googlemapで見る

  1. 京都 岡崎コンシェルジュ
  2. 付属品とたのしむ茶道具~千宗旦から松平不昧まで、江戸時代の茶人の書とともに

ページの先頭へ戻る