京都岡崎コンシェルジュ Facebook

印刷する

2018/10/16(火)~2018/12/09(日)

日文研コレクション  描かれた「わらい」と「こわい」展 ─ 春画・妖怪画の世界 ─

18歳未満入場不可(美術館・ショップ)
受付にて、年齢のわかるものをご提示いただく場合がございます。
 
中世から近世にかけて、日本人は絵巻や浮世絵で日常のなかの目に見えるもの、あるいは形なきものを視覚化してきました。日常の「表と裏」、「この世とあの世」。そこには今以上に境目があいまいな世界が広がっています。本展覧会では、国際日本文化研究センターが現在所蔵する妖怪画・春画のコレクションより精選された約150点を通して、「笑い」と「怖い」という一見相反するテーマのもと、恐怖と笑いが地続きで繋がる前近代の豊かな日常をみていきます。
 
 
 
初のコレクション公開!
本展では、創立初期より収集・保存をされている春画と妖怪画のコレクション750余点より精選された150点をご覧いただける初の機会となります。
 
世界初公開作品「俳諧女夫まねへもん」が登場!
浮世草子・浮世絵の題材・画題として描かれてきた「豆男もの」の一つである本組物は、仙薬などによって体の小さくなった男女が、様々な閨房(寝室)をのぞいて色道修行をする趣向で描かれた鈴木春信「風流艶色真似ゑもん」の続編です。伝存数が少なく、全24図のうち、図版掲載されたものが15図、所在が明らかなものはわずか8図。本展では今回、所在が明らかになった3図を含む4図を展示。そのうちの2図は研究書にも図版掲載がなく、初公開となります。
 
 
日文研の妖怪画の魅力
怪異・妖怪の造形図像は、日本文化の歴史において重要な役割を果たしてきました。しかし、これらの資料は長らく学術的な場から見すごされてきました。日文研では他の研究機関にはあまり収蔵されていない妖怪画を日本文化研究の基礎資料として積極的に集めてきました。描かれた妖怪はこわくもあり、ユーモラスなものでもあります。

 

岡崎手帖掲載中(秋号)
岡崎手帖掲載中(春号) 岡崎手帖掲載中(秋号) 岡崎手帖でおトク イチオシ 夜の岡崎 事前予約制
分野美術・工芸、フェア・展示・総合イベント
条件当日参加、屋内、有料
期間10/16(火)~12/09(日)
時間10:00~18:00(入館は閉館の60分前まで)
*毎週土曜日は20:00まで
※展示替えあり、再入場不可

1期:10/16~10/28
2期:10/30~11/11
3期:11/13~11/25
4期:11/27~12/9
休館日月曜日
料金1,500円(1,400円)
※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示でご優待
 (一般:1,500円→1,400円)
その他18歳未満入館不可

主催:細見美術館、国際日本文化研究センター、京都新聞
お問い
合わせ
細見美術館
TEL:075-752-5555
ホームページhttp://www.emuseum.or.jp/exhibition/ex062/ind...

Googlemapで見る

  1. 京都 岡崎コンシェルジュ
  2. 日文研コレクション  描かれた「わらい」と「こわい」展 ─ 春画・妖怪画の世界 ─

ページの先頭へ戻る