京都岡崎コンシェルジュ Facebook

印刷する

2019/01/11(金)~2019/01/12(土)

笠井叡迷宮ダンス公演『高丘親王航海記』

笠井叡が盟友・澁澤龍彦の遺作『高丘親王航海記』をダンス作品化!
美術に榎本了壱、出演者に黒田育世(BATIK)、近藤良平(コンドルズ)等を迎え、原作の登場人物の内面だけではく、現代に生きる人間の生々しい現実や人間の本質を浮かび上がらせる。
この冬、ロームシアター京都では初となる、舞踏家・笠井叡の新作ダンス作品「高丘親王航海記」を上演します。澁澤龍彦の遺作「高丘親王航海記」は平城天皇の皇子・高丘親王の天竺への旅を描いた幻想文学の傑作といわれており、今回、笠井叡は21名ものダンサー、オイリュトミストからなる大スペクタクル作品として演出。また、黒田育世、近藤良平、寺田みさこなど、人気・実力ともにコンテンポラリーダンスを代表するダンサーを迎えるほか、意匠・舞台美術・衣裳に榎本了壱、舞台上の造形物に現代美術家の椿昇など、京都・関西にもゆかりのあるあらゆる才能を結集し、澁澤龍彦の世界を現代によみがえらせます。ここ、京都での世界初演に、どうぞご期待ください。
 
出演・スタッフ
原作:澁澤龍彦
演出・振付・台本:笠井叡
意匠・舞台美術・映像・衣裳:榎本了壱
 
出演
笠井叡・・・高丘親王
黒田育世・・・ 藤原薬子
近藤良平・・・安展/狂王世隆
笠井瑞丈・・・円覚/航海天文士カマル
上村なおか・・・陳家蘭
岡本優・・・秋丸
篠原くらら・・・パタリヤ・パタタ姫
寺田みさこ・・・春丸/迦陵頻伽
 
〔BATIK〕
伊佐千明・・・犬頭の男/陳家蘭/蜜人
大江麻美子・・・儒良/獏/陳家蘭/蜜人
大熊聡美・・・オオアリクイ/陳家蘭/蜜人
熊谷理沙・・・獏/陳家蘭/蜜人
政岡由衣子・・・猿人/陳家蘭/蜜人
矢嶋久美子・・・犬頭の男/陳家蘭/蜜人
 
〔天使館オイリュトミスト〕
浅見裕子、野口泉、原仁美、三上周子、宮原三千世、山口奈緒子 蜜人/自然霊
 
 
スタッフ
舞台監督:大鹿展明
照明デザイン:足立恒
照明オペレート:森島都絵 (インプレッション)
音響:山田恭子
ベンガル虎造形:[監修]椿昇/[製作指導]岡田啓伸/[製作]京都造形芸術大学プロジェクトセンター
衣裳:[製作]富永美夏/[製作助手]鈴木麻美
映像編集:坂口真理子 (株式会社アタマトテ・インターナショナル)
宣伝美術:榎本了壱 坂口真理子 (株式会社アタマトテ・インターナショナル)
制作:高樹光一郎 井尻有美 杉田亜祐美 (一般社団法人ハイウッド)
プロデューサー:笠井久子(一般社団法人天使館)
 
『高丘親王航海記』上演に寄せて(文:榎本了壱/意匠・舞台美術・映像・衣裳) 
九世紀半ば、平城帝の第三皇子高丘親王は広州から船で天竺へ向かった。ときに六十七歳。『高丘親王航海記』は東南アジアの海陸を経巡る幻想冒険譚に仕立てた澁澤龍彦の絶筆である。この物語は親王の最期と、自らの咽頭の病を重ねた結末となっている。笠井叡は初期公演から渡独までの間、澁澤氏と濃密な交流があった。澁澤氏はマルキ・ド・サド著作の翻訳に始まり、西欧の思想、文学、美学、博物学を広く紹介し、後半は日本回帰の道をとった。その頂点が『高丘親王航海記』だろう。親王は幼年期、父帝の愛妾であった藤原薬子から天竺の存在を知り、「薬子の変」(八一〇年)ののち空海の門に入った。この著作は「儒艮」「蘭房」「獏園」「蜜人」「鏡湖」「真珠」「頻伽」の七章で構成されている。高丘親王、藤原薬子をはじめ、従者安展、円覚、秋丸、春丸(芸妓)、パタリヤ・パタタ姫、狂王世隆、航海天文士カマル。他に、獏、オオアリクイ、白猿、鳥女陳家蘭、犬頭男、迦陵頻伽など奇想の動物たちも多く登場する。まさに澁澤龍彦博覧強記の幻想譚へと深化していく。演劇や音楽、絵画、様々な分野に翻案されてきた『高丘親王航海記』を、いよいよ笠井叡が迷宮ダンスという一大スペクタクルに再生する。
 
あらすじ
天竺に憧れを抱く高丘親王は、従者として安展、円覚、秋丸を連れ、唐の広州から出航。旅をする中で親王が体験する7つの夢物語。父 平城帝の寵姫 藤原薬子との幼少期の思い出とともに展開していく。儒艮:儒艮、大蟻喰いとの出会い。儒艮は原作者 澁澤龍彦の魂の一面を、大蟻喰いは博物学者的な側面を表す。蘭房:上半身が女性、下半身が鳥である陳家蘭を訪ねる。最もファンタジーに溢れるシーンである。獏園:鬱病のパタタ姫の話。夢を食べる獏の肉が病に良いとのことで、親王は獏に自分の夢を食べさせる。蜜人:蜜だけを食べるとできあがる蜜人を探しに親王が砂漠まで行く。鏡湖:親王は初めて空を飛ぶ舞姫 迦陵頻伽に出会う。真珠:湖に顔を映しても自分の顔が見えなくなったことにより親王は死期を悟る。親王は真珠を飲み込みそれが衰弱の原因となるが、執筆する澁澤にも下咽頭ガンがみつかっていた。頻伽:自力で天竺へ行くことができないと悟った親王は、虎に食われ運ばれることで天竺入りすることを勧められる。親王は一人で夜 竹林に座り、虎に食われて死ぬ。
 
【プロフィール】
笠井叡
Akira Kasai
舞踏家
1943 年生まれ。1960 年代に大野一雄、土方巽に出会い、舞踏家として活動を始める。1971年に天使館を設立、多くの舞踏家を育成する。1979 年から 1985 年までドイツ留学し、ルドルフ・シュタイナーの人智学、オイリュトミーを研究。帰国後、1994 年に『セラフィータ』で舞台に復帰。2001 年初演『花粉革命』は代表作として世界各都市で上演を果たす。ソロ作品のほか、ジャンルを超えたアーティストとのコラボレーションにも積極的に取り組んでいる。
 
 
榎本了壱
Ryoichi Enomoto
武蔵野美術大学卒。日本ダンスフォーラム会員。16歳から長兄花柳伊千兵衛の舞踊台本を書く。1969年(22歳)モアティエモアティエ舞踊会に「蛞蝓姫物語」の台本を書く。以降様々な舞踊作品の台本・演出・美術を手掛ける。1980年より『日本グラフィック展』『オブジェTOKYO展』『URBANART』を1999年までプロデュース。2016年ギンザ・グラフィックギャラリーで「榎本了壱コーカイ記」展開催。著書『榎本了壱のアイディアノート・脳業手技』『東京モンスターランド』他。
 
 
澁澤龍彦
Tatsuhiko Sibusawa
作家、翻訳家、批評家
1828〜1987年 東京生まれ 本名 龍雄
東京大学文学部仏文学科卒業。マルキ・ド・サドやジャン・コクトーの著作を翻訳し紹介するなど日本の文化に影響を与えた。美術評論やエッセイ、後年には幻想的な小説など幅広いジャンルで活躍し多くの読者を得る。交友関係も広く、三島由紀夫、土方巽、唐十郎など多分野の芸術家たちと交流があった。『高丘親王航海記』は澁澤の最後の作品であり、この作品で没後88年に読売文学賞を受賞。
 
 
 
ポスト・パフォーマンス・トーク
各回、終演後に会場内にて行います。
 
11日(金)出演:笠井叡、近藤良平
12日(土)出演:笠井叡、榎本了壱、黒田育世、寺田みさこ
 
夜の岡崎
岡崎手帖掲載中(春号) 岡崎手帖掲載中(秋号) 岡崎手帖でおトク イチオシ 夜の岡崎 事前予約制
分野音楽、舞台、フェア・展示・総合イベント
条件当日参加、屋内、有料
期間01/11(金)~01/12(土)
時間11日(金)19:00開演(18:30開場)
12日(土)15:00開演(14:30開場)
開催場所サウスホール
料金全席指定
一般 4,000 円
ユース(25 歳以下)3,000 円
※未就学児入場不可、託児サービス有(有料/要事前予約/定員有/詳細はロームシアター京都までお問合せ)
※ユースチケットをご購入の方は、公演当日、証明書のご提示が必要です
※12日(土)15:00公演のみ、託児サービスあり。(要事前申込/有料/定員有)
その他主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
お問い
合わせ
ロームシアター京都チケットカウンター
TEL:075-746-3201
ホームページhttps://rohmtheatrekyoto.jp/event/48008/

Googlemapで見る

  1. 京都 岡崎コンシェルジュ
  2. 笠井叡迷宮ダンス公演『高丘親王航海記』

ページの先頭へ戻る