京都岡崎コンシェルジュ Facebook

印刷する

2019/01/20(日)

(公財)山階鳥類研究所との連携記念シンポジウム 「鳥類系統学のいま-ハヤブサはワルぶったインコなのか-」

2018年11月12日京都市動物園と(公財)山階鳥類研究所は、双方の野生動物に関する研究及び教育の事業を更に発展させるため、連携協定書を締結しました。同協定の締結を記念して「連携記念シンポジウム」を開催します。
 
 
「鳥類系統学のいま-ハヤブサはワルぶったインコなのか-」
【内容】
2012年に日本鳥学会が発行した「日本鳥類目録改訂第7版」では、かつてタカ目に分類されていたハヤブサが、独立したハヤブサ目となり、スズメとインコに近いグループに分類されました。精悍せいかんなイメージのある ハヤブサが、かわいいイメージのあるインコに近いという事実は、 一般の人にとっては衝撃だったようです。今回のシンポジウムでは、皆さんの知らない鳥類系統学の今についてわかり易くお話します。
 
【講演者】
山崎剛史氏 (公財)山階鳥類研究所自然誌研究室室長
 

 

分野動物・自然(水・緑)、セミナー・シンポジウム
条件当日参加、屋内、無料、有料
期間01/20(日)
時間13:30~15:00
開催場所京都市動物園レクチャールーム
料金無料(ただし入園料は必要です)
※申込不要。どなたでもご参加いただけます。
お問い
合わせ
京都市動物園
TEL:075-771-0210
ホームページhttps://www5.city.kyoto.jp/zoo/event/20190105...

Googlemapで見る

  1. 京都 岡崎コンシェルジュ
  2. (公財)山階鳥類研究所との連携記念シンポジウム 「鳥類系統学のいま-ハヤブサはワルぶったインコなのか-」

ページの先頭へ戻る