京都岡崎コンシェルジュ Facebook

印刷する

2019/03/15(金)

ROHM CLASSIC SPECIAL 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅩⅦ ビゼー:歌劇「カルメン」

17回目の開催となる2019年は、2年前(2017年)に公演し、好評を博したビゼー:歌劇「カルメン」を上演いたします。 2017年の公演時に主役を務めたサンドラ・ピクス・エディ(メゾ・ソプラノ/カルメン役)と、チャド・シェルトン(テノール/ドン・ホセ役)も再演が決定。指揮は、ベルギー王立リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団 音楽監督、広島交響楽団 首席客演指揮者を務めるクリスティアン・アルミンクと、音楽監督も兼任する小澤征爾を予定。演出は、音楽塾の初年度から制作に携わっているメトロポリタン歌劇場首席演出家のデイヴィッド・ニース。日本をはじめアジア各国からオーディションを経て選出され、サイトウ・キネン・オーケストラメンバーらの熱い指導を受けて大きく成長する小澤征爾音楽塾オーケストラが演奏を務めます。 また、制作拠点となるロームシアター京都では、京都の小学生を対象とする「子どものためのオペラ」公演(一般公開なし)も開催いたします。

 

出演・スタッフ
音楽監督:小澤征爾
指揮:クリスティアン・アルミンク/小澤征爾※
演出:デイヴィッド・ニース 
装置:ロビン・ドン
衣装:ロバート・パージオラ
照明:高沢立生
振付:サラ・エルデ
合唱指揮:根本 卓也
ヴォーカルコーチ、副指揮:デニス・ジオーク
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
合唱:小澤征爾音楽塾合唱団
児童合唱:京都市少年合唱団
 
カルメン:サンドラ・ピクス・エディ
ドン・ホセ:チャド・シェルトン
ミカエラ:ケイトリン・リンチ
エスカミーリョ:エドワード・パークス
フラスキータ:カトリーナ・ガルカ
メルセデス:アレクサンドラ・ロドリック
ズニガ:ジェフリー・ベルアン
モラレス:アンドリュー・ロヴァト
ダンカイロ:近藤 圭
レメンダード:大槻孝志
 
※小澤征爾は音楽監督としてリハーサル及び指導に携わり、公演では一部を指揮する予定です
 
子どものためのオペラ公演について
小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXⅦ
子どものためのオペラ
ビゼー:歌劇「カルメン」より(抜粋)
公演日:2019年3月12日(火)11:00/14:00開演
会場:ロームシアター京都 メインホール
 
音楽監督:小澤征爾
指揮:下野竜也
演出:デイヴィッド・ニース 
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
合唱:小澤征爾音楽塾合唱団
児童合唱:京都市少年合唱団  ほか
 
対象:京都の小学生を対象に無料招待(一般販売なし/申込受付終了)
※出演者(歌手)は、上記の有料公演とは異なります。
※原語上演、字幕付き
※教育プログラムのため、一般の方のご入場はできません。
 
 
小澤征爾音楽塾について
2000年、ローム株式会社の佐藤研一郎社長(当時・現名誉会長)と、指揮者小澤征爾がオペラを通じて若い音楽家を育成することを目的に立ち上げる。将来を担う若手音楽家が、第一級のオペラを実践の場として経験できる、世界的にも他に類を見ない、特別な教育プロジェクトとして注目されている。
毎年、国内外のオーディションで選ばれたアジア諸国の若い音楽家たちでオーケストラを結成し、小澤征爾とサイトウ・キネン・オーケストラのメンバーをはじめとする演奏家のもとで指導をうけ、世界の歌劇場で活躍するオペラ歌手や演出家とともに高水準のオペラを創り上げる。今回は2017年に公演し、好評を博した「カルメン」を再び取り上げる。
 

 

夜の岡崎
岡崎手帖掲載中(春号) 岡崎手帖掲載中(秋号) 岡崎手帖でおトク イチオシ 夜の岡崎 事前予約制
分野音楽、舞台、フェア・展示・総合イベント
条件当日参加、屋内、有料
期間03/15(金)
時間3月15日(金)18:30開演 (17:30開場)
3月17日(日)15:00開演 (14:00開場)

上演時間:約3時間30分(予定)
開催場所メインホール
料金全席指定(税込)
S席25,000円 
A席21,000円 
B席17,000円 
C席13,000円 
D席8,000円
その他主催:小澤征爾音楽塾/ヴェローザ・ジャパン
京都市、公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団(京都公演)
お問い
合わせ
ロームシアター京都チケットカウンター
TEL:075-746-3201
ホームページhttps://rohmtheatrekyoto.jp/event/48050/

Googlemapで見る

  1. 京都 岡崎コンシェルジュ
  2. ROHM CLASSIC SPECIAL 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅩⅦ ビゼー:歌劇「カルメン」

ページの先頭へ戻る