京都岡崎コンシェルジュ Facebook

印刷する

2019/08/31(土)~2019/12/01(日)

2019年秋季特別展「見て、知って、楽しむ 茶碗の世界」

祥瑞香形茶碗(前期展示)

練上志野茶碗 銘 猛虎(後期展示)

「茶を飲むための茶碗は、16 世紀に茶の湯が確立する頃には天目類が多く使用され、その後中期には朝鮮半島製のもの、ついで備前や信楽などが使われるようになるなど、時代を経る毎に茶の湯で使われる茶碗の種類は増加していきました。そして茶人達は中国製のものを「唐物」、朝鮮半島製のものを「高麗物」、日本製のものを「和物」と呼ぶようになり、また「和物」は主として産地により分類され、仁清や乾山など優れた名工の作品はその人物名で呼ばれました。今回の展覧会では年代や産地によって様々な特徴・魅力を持つ茶碗を選りすぐり展示します。実際に茶碗を「見て」、「知って」いただき、抹茶を飲むことをイメージして展覧会をお楽しみいただけたら幸いです。
 
【※ 10月15日(火)に全面的な展示替を行います。】
岡崎手帖掲載中(秋号)
岡崎手帖掲載中(春号) 岡崎手帖掲載中(秋号) 岡崎手帖でおトク イチオシ 夜の岡崎 事前予約制
分野美術・工芸、フェア・展示・総合イベント
条件当日参加、屋内、有料
期間08/31(土)~12/01(日)
時間10:00~16:30(入館は16:00まで)
料金大人 800円
高大生 300円
中学生以下無料

団体(20人以上)600円
その他主催:公益財団法人 野村文華財団 野村美術館
お問い
合わせ
野村美術館
TEL:075-751-0374
ホームページhttp://nomura-museum.or.jp/publics/index/16/

Googlemapで見る

  1. 京都 岡崎コンシェルジュ
  2. 2019年秋季特別展「見て、知って、楽しむ 茶碗の世界」

ページの先頭へ戻る