京都岡崎コンシェルジュ Facebook

印刷する

平安神宮 社号標(神宮道二条交差点)

大正13(1924)年に建立されたもので、元は応天門前にありました。昭和15(1940)年の孝明天皇合祀の際に、現在の場所に移転改造されました。終戦後、岡崎一帯の各施設等を接収した進駐軍の指令で「官幣大社」の刻字の上に神紋がとりつけられました。今もよく見ると元の刻字が読み取れます。
 

キーワード歴史,建築
所在地神宮道二条交差点北東角

Googlemapで見る

岡崎を楽しむ

このスポットを含むモデルコース

【ディープ】マニアック岡崎★探検コース

何気なく歩いていると見逃してしまう小さなお宝を探検するコース。人に教えたくなる雑学・トリビアや、自慢したくなるレアスポット、いまだ出自の不明な謎の物体などもあります。...

  • 約2.5時間
  • 約3.5km
  1. 京都 岡崎コンシェルジュ
  2. 平安神宮 社号標(神宮道二条交差点)

ページの先頭へ戻る