京都岡崎コンシェルジュ Facebook

印刷する

田邊朔郎像

江戸に生まれ、工部大学校(現東京大工学部)に在学中に論文『琵琶湖疏水工事の計画』を執筆した田邊朔郎(たなべさくろう)。23歳にして琵琶湖疏水工事の総責任者に抜擢され、さまざまな難問題をクリアし、世紀の難工事を見事にやりとげました。銅像は、昭和57(1982)年に京都華頂ライオンズクラブが京都市に寄贈したものです。

 

The statue of Tanabe Sakuro

This is Tanabe Sakuro. He was born in Edo, and wrote a thesis about “the plan of the Lake Biwa sosui canal construction work” while still a student of Imperial college of Engineering. When he was twenty three, he was nominated for chief engineer of the construction work. As he overcame the various difficulties, he completely finished one of the most difficult construction works of the century. The statue was donated to Kyoto city by Kyoto Kacho Lion’s Club in 1982.

(英文翻訳:京都府立大学欧米言語文化学科)

 

キーワード琵琶湖疏水,歴史

Googlemapで見る

岡崎を楽しむ

このスポットを含むモデルコース

【近代浪漫】琵琶湖疏水☆産業遺産コース

京都の近代化を牽引し、今も市民の生活を支える琵琶湖疏水を中心に、レトロでモダンな近代遺産を歩きます。明治・大正期のレンガ建築や線路跡、風情ある近代建築めぐりはもちろん...

  • 約2時間
  • 約3.6km

ページの先頭へ戻る